スターウォーズ

スターウォーズ好きな方はもちろん、全く観たことがない方でも十分に楽しめる作品だと思います。

私がオススメしたい映画は、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」です。
スターウォーズの代表的なキャラクターと言えば、ダースベイダー。
彼は劇中においては、悪役にも関わらず、主人公を凌ぐ人気を誇り、出演しなくなった今でも数多くのファンに支持されています。
エピソード3はそのダースベイダーの誕生の秘密に迫るもので、とても悲しく切ないストーリーです。
映画の主人公は後にダースベイダーになるアナキンスカイウォーカー。
アナキンは元々ジェダイという正義側の戦士で、師匠であるオビワンケノービと行動を共にしていました。
ジェダイには厳しい掟があり、恋愛や結婚は禁止されているにも関わらず、アナキンはパドマという女性と恋に落ちてしまいます。
そんな時、アナキンは彼女が亡くなる夢を見る事になり、彼女を守る為に、ダークサイドへと堕ちてしまうのでした。
悪に堕ちた彼は、ジェダイの戦士や卵である子供達を次々に殺害。
しかし最後は師匠のオビワンに脚を切断され、灼熱のマグマに全身を焼かれてしまいます。
瀕死の状態の彼をダークサイドの首領、ダークシディアスに救出され、あの有名な姿に改造されてしまいます。
改造後、最初の一声が彼女の安否を気遣う声。
しかし自分の行為によって彼女が命を落とした事を知り、完全なる悪の戦士へと変貌するという所で作品は終了となります。
話自体はSFのノンフィクションではあるのですが、愛する者を守る為に悪に手を染めるという主人公に共感出来る部分が多く、映画を観終わった後は、自分もベイダーになった気分にさせてくれました。
スターウォーズ好きな方はもちろん、全く観たことがない方でも十分に楽しめる作品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です