ハイキュー!!!

飛べない黒い烏が羽ばたくという表現にピッタリなストーリーになっています。日向は根は緊張しいなのに行動的でポジティブにモノを考えて行動するので、自己中な王様の影山や本気でバレーを楽しんでいなかった月島の心を変えさせたのだと思います。人との関わりを嫌う研磨君の心を開いて友達になったり、迷う谷地さんをバレー部に引き込んだり、及川さんや牛若さんまで驚かせるプレーを、あのジャンプ力と直感と底知れぬ体力でこなし、チームの得点プレイヤーとなる主人公はすごいです。
キャラのギャップも良く、及川さんは見た目イケメン心はヘタレだし、岩泉さんは及川さんに埋もれてしまいがちだけど、影山を殴ろうとした及川を止め、やいやい文句を言いながらも及川を信じて支えるイケメンさを感じます。西谷君は体は小さくても行動と心はイケメンであり、旭さんは怖い見た目に反してヘタレなところもギャップが良いです。烏野チームのキャプテンである大地さんはチームをまとめる迫力を持っており、田中とぶつかって倒れた時は驚いたけれど、無事で良かったです。副キャプテンの菅原さんは、旭さんを部活に戻すことに動いたり、入部当初日向と影山に練習場所を提供したり、陰でいろいろ動くサポート力があり、自分が烏野のメインセッターだったのに、1年の影山にメインセッターをとられても、それを受け入れる心の広さを持っています。
及川さんの期待に応えられなかった岩泉さんが、あれを決められなくて何がセッターだと泣いていた時、及川さんたちが背中をポンと叩くところが印象に残っています。牛若と影山は天才だけど、及川と日向は努力型の天才だと思います。牛若率いるチームとの対戦で、月島の活躍に見惚れたし、月島のアツいバレー愛を垣間見た気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です